配当と金利でゆるゆる生活実践記!

株配当とFX金利でゆるく生活するための実践ブログ

定期一部解約へFXにつぎ込む!

fxランド/円購入から早5日

SBI証券のfxホームページを毎日プチプチ押しながら

だいぶ、やり方とかどこに何が表示されるのかわかってきましたよ。

まさに、習うより慣れろということわざのごとし!

ここ数日の怒涛の激下がりをチャンスと考え、株を買う現弾を全てfxに投入、総合口座に残るのは1万円ちょっと、そこで数年ぶりに一部定期解約です(一番低い0.04%の金利のやつから)

これが吉とでるか凶とでるかはわかりません。FXの単位をもう一桁落としてくれたら細かく徐々に買い増しできるんですが、10万単位とか1万単位とか貧乏人のドシロウトにとっては敷居が高いんですよね。大きく儲けたいわけじゃないんです、ちょびっとだけ金利が毎日もらえたらこんな幸せなことはないじゃないですか。

 

定期解約

午前中行ってきましたよ銀行に、普通に入れてきました。

後はネットで即時入金へここからは即反映されるのでらくです。

 

FXの余談メモ

 これは余談なんですがね、株券を担保に申し込んでからわかったんですが、NISAに入っている株券は除外されるんですね。これも担保予定にしていたので予定が狂いました。いや、むしろこれを担保にしたかったんですけど…まぁ仕方がありません。

 

午前中は株もFXも低調ながら落ち着いた値動きです。

あと、気になったのがスワップポイントが適応されているのかどうか見たいんですがそのページをどこを探してもないんですよ、初めて5日目なんで不安なんですよね、ちゃんとつくのか、それに金利がついていることを見ることで励みにもできるし、SBI証券さんどこなの?と思って探していたら「建玉一覧」に載っていました。9/22に購入したのが12円。9/24に購入した分も12円…?一緒なの?

「カレンダー/sw履歴」を見ると。土曜日、日曜日、祭日表示なし(それってなしってこと?)昨日営業日だけど0表示?過去の表示見ると7日とか3日とか何だかまとめ払い的な感じなのもあるので待っていればいいのかな?これも慣れてくればわかってくるのかも。まぁ習うより慣れろですよ。

ちゃんとプラスの12円がついていたのでうれしいのと安心感が生まれましたね。ただ、通貨の方はだだ下がりなのでマイナスですが、まぁそれが買い時っていう目安にもなるのでじっとクモのように獲物がかかるのを待つのみです。

まぁド素人はいろいろ手探りっでやってますよ感じです。

 

他のことが手につかない

 これも株の時と一緒なんですが、通貨が上がってるのか、下がっているのか気になって仕方がないんですよ、それで他のことがまったく手がつかない状態。とことんギャンブル脳的な何かが存在してますよ。

 もう完全に上昇してしまえば、気にもならないんですが、下がったら買い増しっていうマイルールで、歴史的なこの下げ状態を逃したくないって感じです(底なし沼って感じでちょっと怖いぐらいです)

 

いざという時の

 後はいざ現金が必要になった時や通貨が一段下がっと時の決算売りも一通りやりたいんですけどね、まぁその時が来たらやるしかない。ロストカットが30に設定してるんですが6.1円台がくることなんてあるんですか?あるからロストカットという設定があるんでしょうね~もし、そこまで下がったら通貨自体危険水域ですよ。まぁアメリカの利上げを発表したとたんロストカットまっしぐらで激下がりもあり得ますからね。

 

金融緩和の発表も気になる

  安倍晋三首相が新たな3本の矢を発表したでしょ。

これ、何かやるんじゃないかと思うんですよ!それが金融緩和。

国内総生産を600兆円に増やすと明言しちゃってるじゃないですか!

じゃぁどうやってってことになると、株価を上昇させて企業の設備投資に力を入れさせる気満々な感じじゃないですかね?

安保法案を通したことで、アメリカも嫌々ながら金融緩和を黙認するでしょうし。まぁVWショックがあるにしろ、アメリカ側にとったら2兆円が国庫に入ってくることを考えれば為替での日本のマイナス分も補えるとみてもいいかも?

あと、郵政株に弾みをつけたい為のお膳だてもあると思うんですよね。郵政株を個人に買ってもらうには株価がどんどん上昇してももらわなくっちゃならない。今のままじゃ、ギリシャショック、チャイナショック、VWショックでものすごく不安感があって市場が冷え込んじゃってどうも買ってもらえそうにない。そんな背景も金融緩和があると思うんですよね。

まぁ、しょせん素人的な判断でしかないんですが、金融緩和したとたんに株価の上昇ランド/円の上昇も期待できます。当分株もランドも買う機会は来ないでしょうけど、金利と配当でちょびちょび稼げればそれで気長にやっていけるはず。

 

 

 

スポンサーリンク