配当と金利でゆるゆる生活実践記!

株配当とFX金利でゆるく生活するための実践ブログ

7月18日~22日トレードの成果と反省

 今日も暑い!

最近考えていることは、FXで失敗する人成功する人はどんな人なのか?

 

FXの漫画

結構、読んでしまった。

diamond.jp

 しかし具体的なことはないので漫画として楽しむことをお勧め。

 

 

トレード週反省

日曜日なのでトレードなしチャートを見る必要もないので、ビールを飲みながらゆっくり一週間の反省を書きたい。

 

7/18(祭日)計32回中 勝22回 負10回 勝率68%  △16p@ △7p

7/19(火)計26回中 勝22回 負3回 勝率84%  +1032p @516p

7/20(水)計9回中 勝9回 負0回 勝率100% +600p @300p

7/21(木)計19回中 勝13回 負6回 勝率68% +1224p @612p

7/22(金) 計26回中 勝20回 負6回  勝率76% +710p @355p

 (勝率の判定は±0を含めて1円でもプラスで決算した回数で判定。1日のトータルのpips)

 

 月曜日は、土日に検討していた「IFOOCO」注文でやってみたものの、4回連続負が続いたので中止し、いつものように成行に戻す。問題はすぐに損切り値に到達してしまったこと。流れの状況に応じて調整するには慣れないせいもあるが遅れてしまう。

これなら、逆指値で調整したほうがいいと考え直す。

 

 7月19日は自分のトレードで弱点を発見、大きな上昇後の下降し目押しを試みるもそこがピークで下トレンドに移行するとそこで切り替えができず大きく負ける。そこを損切りができずに大きな含み損を抱えトレードがストップしてしまう。

まさに、これを克服しないとヤバイ。

 

7月20日ここの日の最大の失敗は、横ばいになってちょっとの誘いに乗りLでエントリー。が、しかし、そのまま逆に大きく下降し続け身動きが取れないまま1日が過ぎてゆく。

結局、昨日と同じ失敗を繰り返してしまう。

 

7月21日昨日の損から耐えること約12時間以上、いずれ戻るだろうという展開で最終的にプラスに転じた。その間はエアトレードで感覚が鈍らないようにする。

エアトレードの勝率は18勝6敗 勝率75%

 

7 月22日は大きなプラスをとれたものの、3回連続損切りを2回も繰り返してしまう。大きく動いた後も要注意だけど、小さな損切り額に抑えられたことは逆に 成功で、むしろエントリーの取り方に問題があったといえそう。しかし、あまり慎重になり過ぎると怖くなってなかなかエントリーができずチャンスを逃すこと にもつながる。

 

エントリータイミング

エントリーポイントは上に行くのか下に行くのか予想をするゲームであり、その確率が高い方でエントリーできたというのが勝率という形で表れている。

平均すれば70%~80%ではあるが、しかしそこから大きく値が上がるかどうかは別でトータル的に勝つかは別な話まさにコツコツドカン「損大利小」である。

 

 

損切り

勝率70%~80%があっても勝てない理由は損切りができないこと、もしくは10回中2回3回の損切り額が今まで勝った額を上回れば勝つことはできない。

一瞬でもためらったり、判断が遅れるだけで大きな損失につながることになる。これまでコツコツ貯まった利益が一瞬で消えてしまうことになる。

損切りをスパッと確実に自分の決めた範囲内に収めるスキルは必修だ!

 

 目標と展望

基本的には今の勝率70%以上を維持しながら、浅い傷で損切りをすること。

考え方とすれば±0でも大成功の気持ちで臨む。

7月~8月は勝負の月となりそうで、自分の将来に大きく関わる転換期の岐路に立っている。

重要なことは①大きく値が動くエントリーポイント ②損切り額を50pips以下に抑えられること。この2点さえ直観的に体に叩きこむことで大きな負けにつながることなくトレードできるはずである。

 

f:id:nnbnn:20151203081514p:plain

スポンサーリンク