配当と金利でゆるゆる生活実践記!

株配当とFX金利でゆるく生活するための実践ブログ

1000本トレード開始

配当と金利でゆるゆる生活を目指す為に株と為替を始めて約1年半。

アベノミクスの効果が終了し円高と株安で完全に投資した額よりかなりの含み損!

特に2015年12月の米金利引き上げ、

2016年に1月には日本でマイナス金利が実施され、123円台のドル円が今では100円台を切ろうとしている。

 

こういうのを見るとつくづくタイミングが悪いの一言。

為替とか株とかは実力よりもタイミングが全てなのだと思う。

 

下がる株や為替を見つつ

このまま指を咥えてみているわけにもいかず、4月よりデイトレを開始。

デイトレは去年株で大失敗し40万円近い損失を出して懲りてはいるが、その教訓を生かしてFXのデイトレに今年は変更。

 

株と大きな違いはマイナスからでも入れること、この意味合いは大きい。

それから、ミニを使えば単位が10分の1にできること。

また、レバは1倍~25倍に変更でき1倍ならば最悪でもその金額以上の損失はないということ。

 

ドル円ならば10万円で可能であり、大きく儲けることはできないが大きく負けることもない。その利点を発見してからは世間でFXは怖い全財産を失うばかりか負債を抱えるというイメージばかりが先行しているが、リスクの少ない設定さえしておけばさほど怖いものではないというのがわかった。

 

そんな設定をし、4月から始めて3ヶ月積りに積った15,000円の損失。7月には損切りができず塩漬けの状態の0.3枚分。

これではだめだと思い2カ月間エアトレード(デモトレ)をしてきた。

それらの経験から自分なりのトレードスタイルみたいのかできつつあるので、10万円を投入し実践を開始。

より自分のトレードスタイルを明確化と勝ちやすいパターンや損切りが確実に身につくように1000本トレードを開始した。

 

野球でいう1000本ノックだ。

勝負の世界は不調の時が必ずあり1000回という回数をこなしたという実績ノートを見ることで自信を取り戻せる効果もあるし、好調時どんなことやっていたのか見ることで勘を取り戻せる。

 

結局、長期の資産運用もデイトレも、テクニックや経験は重要ではなく、全てはタイミングであり、そのタイミングの前兆を感じ取りエントリーできるかが重要なんだというのが最近思うこと。

 

1000本というのは0.1枚で1000回トレードをすることである、それはやはり損失分が出た時にそれを取り戻そうと枚数を増やしたい衝動に駆られてしまうからである。

 

デイトレの怖い所は0.1枚で平気で損切りができるのに、それが2倍3倍になった時にその額の増え方にびびってしまい冷静な判断がつかなくなってしまうもの。

欲と恐怖という感覚は思っている以上に厄介なものである。

 

計画

計画だと1日20回ぐらいデイトレを約2か月~3ヶ月で0.1枚で実践。

塩漬けされた奴がプラスになった時に決算、もしくはマイナス分をトレードで取り戻した時に決算し元金を回収する。

 

1000回トレード終了後、プラスまたはトントンの状況ならば0.2枚へ増やして又もや1000回トレードを開始というように徐々に感覚を身に着けてゆく。

1年後には0.5~0.6枚。2年後に1枚(1万通貨)経験値は1万を超える予定だ。

 

デイトレでスタートラインに立つ1枚という壁は1万回の経験が必要なのではないだろうか。

今の0.1枚で1円以上の利益を上げられない者が10枚だろうが100枚だろうが利益を上げることなどできないばかりか、大きな損失を加速度的に早め破綻へまっしぐらだ。

 

現状

9月22日のFRBイエレン議長の発言終了後からデイトレを開始することを決めていたので、そこから28日までの5日で現在で130回のトレードを実践。

1日約26回

トータルでマイナス48円の負

 

必ず逆指値をいれる、気が付いた時には思った以上に下がってしまい大きな損失額を負ってしまうか戻るんじゃないかという期待からそのタイミングや決断を逃してしまうということで逆指値。

 

逆指値幅の設定とエントリーポイントが悪いのか損切り貧乏に陥っている。

 

ある時からこれではプラスにできないと見直し、トレンドが発生後の順張りとトレンド発生時のシグナルが出た後の逆張りを意識。

 

トレンドが乗った後の1時間足、2時間足、4時間足を見て上昇ポイント予測することにより何度もトレードする回数を減らし最適な利益をつかむ。

 

これらを意識することで徐々に当初の負分を相殺するところまで進んだ。

しかし、今でも10回中3回しかプラスにできていない勝率が悪いのだ、コツコツ負けてちょびっと勝ち相殺している状態。

 

課題とするならば、勝率を上げたい。

過去8割~9割の勝率があったが、やり方はトレンドに入り即エントリー上昇を待って損切りポイントをプラスで終わるように逆指値を入れる。これの弱点はドカンと負けてしまうこと、エントリーと同時にマイナスへいつかは戻るだろうというやり方で塩漬けの結果5000円以上のマイナス状態。

ドル円でせいぜい1日動くのが1円前後とすれば5円以上動いてしまっていることになる。まったく動かず100円取るのもやっとの状態なのに5000円もの損失を取り戻すのは並大抵なことではない。

 

とはいえデイトレ1本でやっているわけではなく、

ネットで仕事をしつつ画面の片隅にチャートを表示させ流れを見てタイミングを見ている状態。できれば別のパソコンに表示させておきたいのだがそれは、1年後に1枚へ昇格しスタートラインに立てた時に実施しよう。

そこまで自分のモチベーションが保っていられるのか?コンスタントにプラスの状態を安定して出しているのかを見極める必要がある。

 

未来

将来はこの地域から脱失すること、それには株の配当だけで生活できるまとまった資産3000万円ほどにしたい。今の仕事では到底無理だ。そこでデイトレなのだ、0.1枚で1日100円の利益を基準にするならば、1枚で1000円×20日=2万 10枚まで増やして20万円。

あげた利益をそのまま上乗せしつつレバ2倍~10倍を視野に入れるとするならば10年以内に3000万は不可能な数字だと思っている。

そこまでいくかどうかわからないが、最終的には勝で終わらすためには辞め時が重要だと思うその辞め時の目安が3千万というだけの話。

 

当然、絵に描いた餅である。計画倒れだらけだった人生を顧みれば正直自信がない。

でもやるしかない未来がかかっているから。

タイトル通り言わせてもらえれば配当でゆるゆる生活したいそれだけなのだ。

f:id:nnbnn:20151203081514p:plain

スポンサーリンク